冬の乾燥肌・痒みの原因と対策

11月に入り、だんだんと肌寒くなってきました。
冬になると肌が乾燥する人も多いかと思います。
この冬の乾燥肌はどのような原因で起こるのでしょうか?

今回は冬に起こる乾燥肌の原因と対策について紹介します。

冬の乾燥肌の原因

冬は気温が低くなり、空気が乾燥します。
この気温の変化に対応しようとして起こるのが、冬の乾燥肌の原因と考えられています。

気温が下がることで、体温を維持しようと皮膚の表面部分の血管を収縮させます。
この時、血管を流れる血液の量が夏場と違い少なくなります。
皮膚への栄養は血液から運ばれてくるため、必然的に皮膚に栄養が行き届かなくなってしまいます。
これが冬場に肌が乾燥する原因になります。

さらにこの乾燥が、肌のかゆみを招きます。
この乾燥は、セラミドや皮脂の働きを低下させ、皮膚から水分が蒸発してしまいます。
その結果、皮膚の細胞の間に隙間ができ、かゆみを感じる細胞が表面まで出てきてしまいます。

その結果、かゆみを感じてしまいます。

また顔の洗いすぎエアコンやファンヒーターなどは空気を乾燥させる原因になります。

 

冬の乾燥肌の対策

冬は上記のようなことが原因で肌が乾燥してしまいます。
ではどうすれば対策出来るのでしょうか?

まず、エアコンやファンヒーターの温度は上げすぎに注意しましょう。
温度をあげることで空気をより乾燥させてしまいます。

また部屋に加湿器を置いて空気の乾燥を防ぐことも重要です。

これらの事に注意をし、スキンケアでセラミドやコラーゲンなどが含まれている化粧品でしっかりとスキンケアをすることを忘れないようにしましょう。

 

まとめ

冬の乾燥は空気の乾燥によって起きます。
原因がわかれば対策もたてやすくなるので、しっかりと自分の肌を守るようにしましょう。

 

おすすめスキンケア商品

[adrotate banner=”4″]
タイトルとURLをコピーしました