肌の黒ずみが改善!ひじやひざ、わき、デリケートゾーンの黒ずみは何故起こる?原因を知って黒ずみの悩みから脱却!

ひじ・ひざ・わき・デリケートゾーンの黒ずみ。
気になりますが、どういう風にケアしていいか分からない。

冬場はまだ服を着て隠せるので大丈夫ですが、露出の増える夏場になると嫌な気分にしかなりませんよね?

分かります・・・

ひじ・ひざはどうやっても隠せない状況になりがち。
わきやデリケートゾーンが黒ずんでいたら、彼氏に見られるのが恥ずかしい。

しかし・・・

現実に黒ずみがない女性がいるのも確か。
なんで私は黒ずんでいるのに、あの子は黒ずみがないんだろう?

気になる方がたくさんいるかと思います。

 

そもそも何故黒ずみは起こるのでしょうか?

摩擦

普段、私たちは衣服を着ています。
この衣服と肌が擦れることにより肌に炎症が起きます。
それによりメラニンが形成され、その部位に色素沈着をすることによって起きることなのです。

これにより黒ずみは起こります。
地面についてしまうこともある「ひじ・ひざ」は特に注意が必要でしょう。

黒ずんでいる方は、自宅で無意識にひじやひざをついていることはありませんか?
それが原因でメラニン色素が沈着し、肌が黒ずんでしまっている原因になります。

乾燥

ひじやひざは乾燥していますか?
していなければ問題はありませんが、乾燥がちの方は注意が必要です。

肌が乾燥することで、肌は常にダメージを受けています。
また刺激をダイレクトに受けてしまうため黒ずみを起こしてしまいます。

また乾燥には角質が厚くなってしまったため、乾燥してしまうタイプもあります。

過剰なケア

「肌が黒ずんでいる・角質がある」からと言って、ケアをしすぎるのは、肌のよくありません。
過剰なケア(力の入れすぎや擦り過ぎ)により、肌はより黒ずんでしまうのです。

心当たりのある方は気を付けて下さい。

 

ではどうすれば黒ずみを除去できるのでしょうか?

軽度の黒ずみであれば、正しいスキンケアや生活習慣を変えることで除去できます。

洗顔や保湿

洗顔する際はゴシゴシと洗いすぎず、しっかり泡立てて泡で洗うようにして下さい。
ひじやひざもゴシゴシと洗いすぎない事が重要です。

そしてしっかり角質も除去し、顔だけでなくひじやひざにも潤いを与えましょう。

ストレッチ

体の血流の巡りをよくすることは、肌のターンオーバーにも繋がり黒ずみも解消されます。
肌に充分な栄養が行き届くようにストレッチを行いましょう。

睡眠

睡眠は非常に大切です。
質のいい睡眠を行うことで血流がよくなり、肌のターンオーバーに繋がり黒ずみも解消されます。

 

しかし、これらの黒ずみ対策で治らない場合はどうすればよいのでしょう?
今まで述べていませんが、わきやデリケートゾーンはどうケアすれば・・・

そんな方には、専用のクリームなどを使って治すしか方法はありません。

そして市販の黒ずみ対策のクリームも、ひじやひざには使えるけど、デリケートゾーンには使えないと言った悩みがあります。

ですので、全身に使える黒ずみ対策用のおすすめクリームを紹介します。

黒ずみ対策クリーム

 

イビサクリーム(薬用)

イビサクリーム
総合評価★★★★★
使用箇所:全身
単品価格:7,000円
定期コース:4,970円(コンビニ払い)
4,470円(クレジット決済)

カミソリや脱毛、摩擦などで黒ずんでしまった肌。
イビサクリームは、美白成分と肌を整える成分を配合しており、黒ずみ解消へと導きます。

また、イビサクリームは厚生労働省が法律で定めた「医薬部外品」に位置し、厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が、一定の濃度で配合されています。

ひじ・ひざ・わきだけでなく、ニキビなどの肌荒れ・バストトップ・デリケートゾーンにも使用可能です。

キュートップ

キュートップ
総合評価★★★★★
使用箇所:顔以外の前身
単品価格:4,200円
定期コース:なし

メラニン色素を含む角質をキレイにはがしてくれます。
バストトップだけでなく、顔以外の全身にも使用できるため使い勝手がよいです。

こちらも「医薬部外品」に位置し、黒ずみに対して効果や効能があります。

 

まとめ

肌の黒ずみの原因は、主に肌と衣服の摩擦が原因です。
服を着て過ごす以上、この摩擦による黒ずみは避けられません。

肌のターンオーバーが乱れないように生活習慣を整えましょう。

必要であれば、黒ずみ専用のクリームなどで管理するしかないですが、黒ずんでしまったからと言ってあきらめる必要はありません。

しっかりケアすれば治ります。

悩む前にまず行動すれば、黒ずみは治ります。

タイトルとURLをコピーしました